介護離職防止支援コース

従業員の介護離職の防止及び、仕事と介護の両立に関する取り組みを行った事業主に対して支給される助成金です。

 

下記の1から3に該当する事業主が支給の対象となります。

 

1.仕事と介護の両立に関する、職場環境整備の取り組みを行っていること。

  @従業員の仕事と介護の両立に関する実態把握(社内アンケートの実施)

  A制度設計・見直し(就業規則等の整備、法律を上回る制度の導入)

  B社内研修の実施、リーフレットの配布

  C相談窓口の設置及び周知

  

2.介護休業の取得や職場復帰、介護休業関係制度の利用を支援する旨を規定し、従業員へ周知していること。

 

3.1、2を実施後、従業員が実際に介護休業を取得した、または、時差出勤などの制度を使用したこと。

  

 助成額

@ 介護離職防止支援助成金(介護休業)→ 57万円<72万円>

A 介護離職防止支援助成金(介護制度)→ 28.5万円<36万円>

 平成29年4月1日より、助成額が変更になりました。

< >の金額は、生産性要件を満たした場合の支給額です。

詳しくはこちら

 

 平成28年度から介護と仕事の両立が可能となるような取り組みを進める企業を応援する制度として「介護支援取組助成金」が創設されましたが、28年10月19日からは、この「介護離職防止支援助成金」に移行しました。

 

厚生労働省のホームページはこちら

 

問い合わせてみる